ようやく猛暑が少し緩んできつつあるように思いますが、油断は禁物とも言います。
夏の疲れも例年以上という方も多いのではないかでしょうか。ご自愛ください。

さて、フランチャイズチェーンが日本で始まって55年。売上規模約25兆円(2016年3月期)という規模にまで成長しています。

ですがフランチャイズ本部に勤めていて、自社の契約形態のことはある程度知っていてもフランチャイズ本部を新規で立ち上げに関わったことがある方は、ほとんどいらっしゃらないと思います。

けれども、加盟店が増えるにしたがって、フランチャイズ本部も成長していかなければなりません。
そうした状況に直面したときには、改めてフランチャイズの仕組みや本部の機能、成功要因といった基本を学び直し、自社の現状との差を考えてみることも時には必要になります。

『ザ・フランチャイズ』(弊社・代表 民谷昌弘著・ダイヤモンド社)は2013年に出版され、Kindle版(Amazon co.jp)で販売しています。
じつは、単行本は半年以上販売していなかったので、8月にAmazonサイトで単行本を販売し始めたところ、昨年1年間の2倍以上の1ヶ月で10冊ほどの購入があり、予想しなかった購入数に驚いています。

フィットネスのFC本部を舞台にしたストーリーを楽しみながら、FC本部の体制整備のポイントを知ることができる内容となっています。
ご興味のある方は、ぜひご一読ください。

●『ザ・フランチャイズ』 https://amzn.to/2x4cFvI (Amazon.co.jp)

おすすめの記事