「ローソン子会社のローソン銀行が10月15日にサービスを開始」するそうです。

「えっ?今さらローソンがセブン銀行に追随するの?」と思う方もあるかもしれませんが、ローソンに設置されているATMサービス会社(株式会社ローソン・エイティエム・ネットワークス)を引き継ぎ、正式に銀行として営業を開始するとのことです。

セブン銀行のATMは約24,000台。最近はセブン-イレブン店舗以外でも、首都圏の地下鉄や私鉄駅などでも見かけるようになりました。
またセブン銀行は、海外送金など訪日外国人向けのサービスにも力を入れています。

それに対して、ローソンATMは約13,000台、ファミリーマートに設置されている「E-net(イーネット)」ATMも約13,000台です。

一方で、各コンビニとも「キャッシュレス化」も強化していて、敢えて自社の電子マネーを導入するタイミングではなくなっています。

ちなみに、セブン-イレブンには独自の電子マネー「nanaco(ナナコ)」(株式会社セブン&アイ・ホールディングスのグループ会社が運営)がありますが、ローソンは独自の電子マネーはありません。

また、流通系ではATM設置数はローソンより少ないもののイオン銀行は、ゆうちょ銀行などと提携するなど、利便性を高めたり、住宅ローンなどにも力を入れています。

流通系銀行やATMサービスだけでも、混戦の様相を呈している中で、ローソン銀行がどのようなサービスで優位性を発揮するか、その動向を注視したいところです。

●ローソン銀行ウェブサイト:https://www.lawsonbank.jp/

おすすめの記事