5月上旬は天候不順が続き、風邪をひいたという方も多かったようですが、大丈夫でしたでしょうか?

今月あたりからはフランチャイズ加盟の展示会やセミナーが活発になっています。
ここ数年、東京、大阪以外にも、札幌、仙台、名古屋、兵庫、広島、福岡といった各地域での開催も定着しつつあります。
最初の頃は、FC本部から地域別の開催を要望する声があって始めたようですが、回数を重ねる中で、規模は小さいながらも、様々な工夫を考えて集客しているようです。
また、FC展示会の主催者のほどんどが加盟店募集サイトの運営会社でもあり、ネット検索の上位はポータルサイトで占められることも多いというのが現状です。

ただ、各ポータルサイトに掲載している本部(ブランド)数には、ほとんど変化がないようです。
それには様々な要因があると考えられますが、ネット検索もその一つと言って良さそうです。

ネットで加盟店募集の検索した際に、意外に増えてきたのは、自社の加盟店募集専用ページ(ランディングページ)です。
ネット検索の結果の上位に本部のページが表示させるのは難しいですが、ネット広告を使う本部も確実に増えています。

また、展示会の案内やネット広告などからの自社サイトへ誘引を工夫したり、特にスマートフォン対応のサイトにしている本部がようやく増えてきました。
中には、採用情報と絡めて社員独立制度の専用ページを立ち上げているケースもあります。

加盟の可否を決めるためには、面談が最重要であることには変わりないですが、
加盟見込み集めでは、特にネット検索への対応を甘くみないで、しっかりとした対策を計画、実行したいただければと思います。

おすすめの記事