1月15日から17日(日)まで東京ビッグサイト(南棟)で「フランチャイズビジネスEXPO」が開催されました。
先日からご案内のように弊社代表・民谷が17日に講演を行ないました。
講演会場は、人数制限があったものの多くの方が参加されていました。
緊急事態宣言が発令されている中、週末も混雑というほどではないものの、それなりの来場があったようです。
主催者からの正式発表は後日。

3月には「フランチャイズ・ショー」(日本経済新聞社主催)が予定されています。

秋の展示会、今回の展示会を通じて、加盟店開発の本部が共通している課題がより鮮明になっていると感じています。
----------------
*自社の業態にマッチした集客方法のPDCAが不足している

*「今」は意思がないリストに対して、教育する仕組みがない、または使い方が確立していない
----------------

加盟店開発営業は、長年個人プレーに頼ってきた傾向があります。
また、スタートしたばかりの本部では、専任者が一人というのも当然です。
ただ、一人完結型では、現在のような閉塞感が強い状況で、外部に向けた営業活動を活性化させることは容易でないと思います。

昨年来、在宅ワークやオンラインミーティングが続く中で、社内コミュニケーションも課題に登ることが増えています。
フランチャイズ展開の突破口を開く加盟店開発、顧客開拓部門で、
直営店スタッフ、本部のSV、マーケティングなど全社員との関わりを持つ、加盟店開発メンバーも他部署との関わりを増やすといった、
「チーム連携」を念頭にした作戦を考えてみるというはいかがでしょうか?

 

フランチャイズ ビジネス EXPO

おすすめの記事