加盟店の熱量が高まる商品・サービス開発力。賃上げムードの今だからこそ

大企業を中心に賃上げが本格化しています。
国は中小企業に対しての賃上げに伴う減税策なども進めると言われます。

FC本部は、加盟店募集に際して「収支モデル」を提示することが一般的です。
経費の中で、人件費率の高いビジネスでは人件費のコントロールは非常に重要です。
加盟店で働く社員、パート・アルバイトの給与は、当然加盟店の裁量ですが、
実際には、新規の加盟者の多くは、本部の指導に沿って、収支計画を立てることになります。

こうした中で、賃上げを行うためには、
加盟店の売上水準を高めること、原価率を低く抑えることなどで、
加盟店が人件費をコントロールし易い環境をつくることも、
本部の施策として重要になってくると思います。

但し、商品・サービスの単純な値上げでは、
お客様の購買意欲を削いでしまいかねません。
商品の値上げが原因で、チェーン全体の売上がマイナスなってしまった例もあります。

新しい商品やサービスの開発、リモデル、料金体系の見直しなど、
既存のお客様、新規のお客様が、買いたくなる商品、使いたくなるサービスを
開発し続ける力量が、より強く求められるタイミングになっていると思います。

加盟店の収入が高まれば、
自社フランチャイズへの熱量を高めることに繋がるわけですので。

FC専門コンサルタントがご相談を承ります

「フランチャイズ本部の立上げを検討している」アクアネット フランチャイズ・コンサルタント

「自社の事業がフランチャイズに出来るかを知りたい」

「フランチャイズ本部の運営がうまくいかない」

「のれん分け制度を構築したい」など、

アクアネット フランチャイズ経営研究所のフランチャイズ・コンサルタントにお気軽にお寄せください。経験豊富なフランチャイズコンサルタントがご相談を承ります。

FC無料相談に申し込む

おすすめの記事