フランチャイズ・ショー近づく。会期中・後のアクションプランを

フランチャイズ・ショー2024(東京)が来週に迫りました。

展示会の出展は、加盟店開発(営業)のきっかけづくり。
会期後の営業の動線(ステップ)にどう繋げられるかという点では、事前準備が大切です。

出展者の中には、毎回大きめのブースで商談している本部もあります。

展示会後に商談するイメージが出来上がっている本部は、
展示会では、本部からの情報提供はそこそこに、
相手から質問させるようにして興味の度合いを測り、
次のステップに進められているようです。

ところで、コロナ禍を経て、
リアルでの面談、店舗見学に誘うのは難しいと思ってはいないでしょうか?

フランチャイズ加盟にあたって、
現場を実感していただけないままに、
机上のモデル数値だけで加盟を決めるようなことは、
避ける方が懸命です。

その意味で、展示会はリアルで話ができる貴重な機会です。

また来場者の立場に立って考えてみますと、
来場者の多くは、どのブースでどのような話をしたか、
ほとんど覚えていないと思って良いと思います。

会期後、速やかに連絡を取ることももちろんですが、
自社で配布するパンフの渡し方、
覚えてもらうトーク、
商談へとつながるトーク、
ブースでの人員配置、動き方など、
基本的なやり方を
当日会場で対応するメンバーと共有、周知ことが、営業上の鍵になります。

ぜひ展示会での名刺交換を活かすアクションが取れるように
綿密な打合せ、準備をして、
フランチャイズ・ショーを迎えることをお勧めいたします。

【フランチャイズ・ショー2024】ウェブサイトフランチャイズ・ショー2024

FC専門コンサルタントがご相談を承ります

「フランチャイズ本部の立上げを検討している」アクアネット フランチャイズ・コンサルタント

「自社の事業がフランチャイズに出来るかを知りたい」

「フランチャイズ本部の運営がうまくいかない」

「のれん分け制度を構築したい」など、

アクアネット フランチャイズ経営研究所のフランチャイズ・コンサルタントにお気軽にお寄せください。経験豊富なフランチャイズコンサルタントがご相談を承ります。

FC無料相談に申し込む

おすすめの記事