11月にはいると各地で年末に向けてのイベントが一気に増えてきます。
クリスマスイルミネーションの点灯式も始まりました。
東日本大震災の影響で例年通り実施するかどうか心配されたところもあったようですが、表参道や恵比寿ガーデンプレイスなど、点灯式というと必ず紹介される名所と呼ばれるところなどでは、例年通り点灯式が行われました。
しかし、例年同様の点灯式とはいえ、やはり今年の特徴である節電は欠かせないテーマになっています。
LED電球の使用は当然、太陽光発電の利用などいたるところに配慮がなされています。

そして、そんな時代を反映した今年のヒット商品の番付が、日経トレンディから発表されました。
一位スマートフォン、二位フェイスブックと如何にも時代を感じさせる顔ぶれが上位を占めています。
世代によっては少し違和感がある上位かもしれませんが、まあ納得?でしょうか。

今年のヒット商品のキーワードとしては、「内食」、「韓国」、「直球」だそうです。
「扇風機」「ゴパン」「油を使わないから揚げ粉」など個別の商品を見ると確かに一度は手に取ったことがあるようなものが並んでいます。

さらに、来年のトップ予想は、「スカイツリー下町観光」だそうです。
来年5月開業のスカイツリーへの期待度の高さがうかがえます。しかし、来年が、予想されるヒット商品だけで終わるようだと産業界も全然活性化されていないことになります。
思いもしないようなモノがヒットするところが、消費の面白さであり、難しさではないでしょうか。

皆さまの会社が、是非そんなヒット商品やサービスを生み出されることを期待しています。
さて、今年もあと2カ月を切りましたが、年末の繁忙期に向けて忙しい日々を送られている方が多いと思います。しかし、この時期に来期に向けての準備を始めておくことも大切です。

フランチャイズ業界最大のイベントである日本経済新聞社主催のフランチャイズショーの締め切りも終わりました。
また、弊社主催の今年最後のニューフランチャイズ経営倶楽部の「フランチャイズビジネスセミナー&交流会」が開催されます。今回のセミナーには、弁護士の鈴木伸佳先生をお迎えして最近のフランチャイズ業界における法的側面からみる時代の潮流などについてお話しいただきます。なかなか聞く機会の少ないテーマです。本部運営におけるリスク回避を考えると聞き逃せない内容です。
ニューフランチャイズ経営倶楽部会員になっていただくと「フランチャイズビジネスセミナーナー&交流会」の参加は無料になります。既に多数のご入会をいただき、ありがとうございます。まだという企業様、個人の方もこのセミナーを機会にご検討いただければ幸甚です。

おすすめの記事