先日あるFC本部の方から「本部のスタッフが退職してしまったので、その担当者が使用していた書面などの使い方や仕事の全体像が分からなくなってしまったので教えてほしい」という問い合わせがありました。
フランチャイズ本部業務は、加盟店に対する教育研修やスーパーバイジング、マーケティング支援など多岐に渡ります。しかし、その業務内容や業務品質は、各担当者の個人スキルに委ねられていることが多く、業務の一部がブラックボックス化している場合もあります。だから、前記のように担当者が辞めてしまうと業務を引き継げないという現象が生まれてしまうのです。

フランチャイズチェーンにおいては、店舗など現場レベルでは、業務の標準化、マニュアル化が徹底され、誰でもが短期間で一人前の仕事ができるような仕組みづくりが行なわれています。しかし一方、本部業務に関しては、個人任せで、業務の標準化や見える化には手つかずというところが多いように見受けられます。

日本では、フランチャイズ本部業務のようなホワイトカラー職の業務を標準化して、見える化するという発想がまだまだ少なように感じます。フランチャイズ本部には、採用支援・教育研修、オープニング支援、スーパーバイジング、マーケティング、サプライ、情報システム、会計、加盟店開発など多様な業務があります。これら多岐に渡る各業務でその標準化と見える化が推進されれば、本部スタッフの多能工化、業務の効率化と人材の有効活用ができ、生産性の向上につながって、結果として働き方改革も実現できるようになるはずです。

本部スタッフの業務は、ホワイトカラー職なので標準化が難しいという方もいらっしゃいますが、決してそんなことはありません。ただし、本部スタッフ自身に、現在の業務を実施しながら、自分の業務の標準化とマニュアル化を進めろと言っても簡単には進みません。比較的短期間で成果をあげたければ、第三者の専門家が担当者にヒアリングしながら作成する取り組みをお勧めします。
FC本部スタッフ業務の効率化を進めるためにも、是非ご検討を!
本部スタッフ業務の標準化とマニュアル化に興味のある方は、お問い合わせください。

おすすめの記事