改正出入国管理法が成立し、外国人労働者の受け入れを拡大する道筋が更に広がるようです。
ところで、特に東京都心部のコンビニや外食チェーンのアルバイトの主戦力は、数年前から外国人になっています。
外国人の店員を目にしないのは、おそらくスターバックスなどのカフェだけのように感じます。

外国人雇用の最初のハードルは、言うまでもなく日本語です。接客や店内でのコミュニケーションには不可欠です。
大手チェーンが外国人の教育研修に力を入れてきたことは、ここ数年のニュースなどをご覧になった方も多いと思います。
中には、外国人の飲食店長もよく見かけるようになりました。

こうした海外からの人材をどのような仕組みで育成するかを考える時に大事になるのは、日本人スタッフも含めた自社の人材育成の仕組みやツールが整備されているかどうかです。
特にオペレーションマニュアル(理念や基本的な作業手順書)ですが、外国人雇用を進める際には実用的なマニュアルであることが求められます。また動画などを使って、相手に伝わり易いツールにするという工夫も生まれてきます。
マニュアルを動画やウェブツールを導入したFC本部では、入社時の教育時間が短縮されたという声などもお聞きしてます。

外国人雇用が必要ではなくても、新卒入社までの間にマニュアルや教育プログラムを見直す機会にしてみてはいかがでしょうか?

私どもにもお気軽にご相談ください。

おすすめの記事