今は店舗のシフト作成、勤怠管理はシステム管理が当たり前。最近は様々なクラウドサービスがあります。
また、働き方改革という流れの中で、勤怠管理のことにとどまらず、いかに辞めない仕組みを作るかという取り組みも目立ってきています。

人が行う業務では、仕事を早く覚えられること、熟練することがある程度必要です。
熟練という点では、職人芸とはいかないまでも、経験豊富で仕事を熟知した人がいることが、店や会社の信頼、ブランドイメージを支えていることは間違いないところです。

新人にとっては早く仕事を覚えることが、やりがいを生みます。
すかいらーくが動画マニュアルを導入するということがニュースになっていました。これも早く仕事を覚えてもらうことが目的のようです。

会社は「即戦力」を求めたいものですが、外国人も含めて働く人も多様化していく中で、会社が求めるレベルのスキルを身に着けられる仕組みが、遠回りのようでいて近道なのかもしれません。
マニュアル、トレーニング方法、トレーナー育成など、春を迎えるこの時期に改めて振り返ってみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事