2019年が明けて早くも二週間が経ちました。
「平成」が終わるという意味でも日本にとって大きな節目の年として位置づけがなされる予感がします。

ところが、経済面では、年頭から米国に端を発した株価、為替の大幅な変動、日産ゴーン会長の勾留延長など、グローバル経済を揺るがすような出来事が相次いでいます。
一方、新聞紙面などからは、AIやIoTなどのテクノロジーの進歩が加速していること、新時代のサービスとして「動画ネーティブ」などが元旦の新聞でも取り上げられていました。
時代の変化は待ったなしとの心構えで、自社を取り巻くマーケットや顧客の動向の変化を注視し、果敢な挑戦をスピードをもって対応することが必要になると思います。

私どもも、フランチャイズビジネスの成長に向けて、的確なサービスをご提供できるように尽力していく所存です。

おすすめの記事