この1年半ほどで、Zoomミーティングなど、
オンライン会議が始まった、もしくはオンラインが当たり前になった、
というフランチャイズ本部も多いのではないでしょうか?

スーパーバイザーなど、訪問が前提だった本部も、
「コロナだから」という一言で、
出張禁止、面談はしばらくの間オンラインで、などの対応をしていたかもしれません。

ところが「しばらくの間」が1年近く経過し、
緊急事態宣言が明けて以降も、元通りにはなっていないようです。

加盟店への訪問は行うものの、オンライン・ミーティングを取り入れたり、
社内会議は出張を極力なくすという話もお聞きます。

こうした環境変化に伴って、
仕事量が増大したり、スピードが求められたりと、
FC本部の業務にも影響が出ているというこはないでしょうか?

経済活動が元に戻りつつある中で、
経営者や幹部の目が届かないところで、
業務過多によって、社員の生産性が奪われるようなことがあれば、会社の損失です。

緊急事態が一段落している今こそ、
FC本部業務のような間接業務の改革に目を向け、
優秀な人材を失わないためにも
必要な投資をすることも、とても重要かつ緊急性が高いと感じます。

おすすめの記事