「店舗DX」などというと大袈裟に感じるかもしれませんが、
コロナ感染から1年で、店舗型ビジネスでも電子決済や通販を始めるなど、気がつくとITを取り入れていることも多いと思います。
そうした店舗内では利用し始めたものの、肝心な集客をどうするのかという視点でのニュース、話題をしばしば目にします。

特にインターネットを活用した集客には、多少なりともITの知識、リテラシーが必要なので、
「IT」と聞くだけで、敬遠しがちな経営者の方も少なくありません。
例えば、美容室・マッサージ業では「ホットペッパービューティー」(ポータルサイト)の掲載がほぼ必須と言われます。

フランチャイズ募集でも、コロナ感染が続く中でネットから集客はどの本部でも課題になっていますが、
従来の手法からなかなか改革が進んでいない本部が多い状況です。

もちろん、ポータルサイトを利用することでのメリットも少なくありません。
むしろ、せっかく広告費を投入するのであれば、「使い切って成果を出す」ことに集中したいものです。

そのためには、ポータルサイトと紐づく集客と成約のプロセスの改善も必要です。
集客から予約などの全体のフローと目標設定、それに付随するメールやSNSの文章のテンプレート化、電話や接客時のトークの改善など、
IT知識の有無に関わらず、取り組めること、やるべきことはたくさんあると思います。

また、店舗や事業所におけるDX化には「現場のオペレーション改善」が不可欠ですし、その取り組み次第で成果に大きな差が生まれます。
フランチャイズチェーン全体でも同じことが言えます。

こうした「デジタル×現場のオペレーション改善)を、秋から年末の商戦に向けて考えてみてはいかがでしょうか?

おすすめの記事