加盟希望者の増加を見据えた留意点を考える

過日(2024年1月19日)東京ビッグサイトで開催された、
FC展示会「FRAX TOKYO」で弊社・民谷によるフランチャイズ加盟希望者向けセミナーがありました。
セミナーのテーマは、
「フランチャイズ加盟成功のカギ  失敗しないフランチャイズ加盟へ!基礎知識と本部の見極め方」
セミナー会場は満席。
昨年大阪での同展示会でも同じような状況でした。

独立開業の早道として、フランチャイズという選択肢を考えている個人の方が中心と思われます。
コロナ禍前あたりから、フランチャイズを「投資」の一つとして、注目されていました。
しかしながら、フランチャイズは金融の投資とは異なります。

「資金さえ出せば自動的に儲かる」「人手がいらない」というわけではありません。

オーナーは事業運営の責任者として事業継続させ、収益確保の努力をすることが求められます。
わかりやすい用語ではありますが、一面では誤解や行違いを生みやすい言葉です。

また「投資」という言葉への認識の違いにも配慮が必要なこともあります。
特に加盟者が個人事業主の場合、
「損すること」「最悪の場合撤退すること」というイメージが湧いていない方も少なくありません。
せっかく開業したのに最初の契約満了まで営業できないということであれば、
加盟者はもちろん、FC本部にとっても痛手です。

展示会では来場者を引き付けるために、キャッチーなフレーズも必要です。
しかしながら、FC契約時点では本部と加盟店相互の信頼感、理念の共有といったことも踏まえて、
加盟希望者は加盟意思の決定、フランチャイズ本部は加盟承諾の決定をすること
が大切なことを確認したいと思います。

FC専門コンサルタントがご相談を承ります

「フランチャイズ本部の立上げを検討している」アクアネット フランチャイズ・コンサルタント

「自社の事業がフランチャイズに出来るかを知りたい」

「フランチャイズ本部の運営がうまくいかない」

「のれん分け制度を構築したい」など、

アクアネット フランチャイズ経営研究所のフランチャイズ・コンサルタントにお気軽にお寄せください。経験豊富なフランチャイズコンサルタントがご相談を承ります。

FC無料相談に申し込む

おすすめの記事