今年のゴールデンウィークは、「平成から令和へ」の話題が尽きませんでしたが、長い休日期間を終えて、木曽路などの飲食チェーンが一斉に休業したことも話題になっていました。
働き方改革関連法が本格化する一方で深刻な人手不足によって、企業(特に小売・飲食・観光等のサービス業)の取り組み方の変化がより一層鮮明になってきました。

また、働く側の意識の意識変化についてもメディアでしばしば取り上げられています。
例えば、日本経済新聞には「働くママ3.0」という特集も組まれています。
その中心は30代のママたち。「『わたしを勝手に決めないで』。そんな彼女らの姿を描く。」とありました。

それらの記事を読んでいると、企業の風土、職場環境作り、人材育成等、従来の発想から脱却して、自分流を鮮明に打ち出すことが経営者に求められている。
働く人個人にスポットが当たれば当たるほど、そうした経営者に対する問題提起もあると感じられてなりません。

おすすめの記事