値上げ、人手不足等の現実。お店を続けるための選択肢を考えてみる

春を前に、賃上げのニュースが増えています。
外食チェーンの上場企業は、店舗の人手不足はもとより、
店舗運営を支える「人材」不足は益々深刻になっています。

コロナ禍が収束して、景気も上向きになりつつある中、
従来のイメージであれば、持ち帰り・デリバリーを含む外食事業の業績が伸び、
世の中の元気を感じるところかもしれません。
しかしながら、人手不足で閉店する居酒屋、
値上げに踏み切れず営業継続を断念するラーメン店などのニュースをしばしば目にして、
心寂しい思いにかられることもあります。

例えば、「良いものをより安く」が心情ですという話もよく耳にします。

この場合の「良いもの」というのは、どういった中身なのか、基準はどこにあるのか?
「良いもの」を作るには、良質な材料、働く人のスキルも必要です。

「より安く」とは「何」より安くしたいのかなど、考える余地は多いようにも思います。
商品やサービスにお客様が感じる値打ち感を見極めることも必要かもしれません。

長年の成功体験から離れることは、とても怖いです。
その先には、目に見えないリスクとの駆け引きであり、
どうしても踏み切れないという気持ちにもなるのだと思います。

このように考えると、
生き残りのための解決策が値上げなのか、経営の効率化なのかは、そうそう簡単に言えることではないと痛感します。

自分たちの過去の成功体験の先にある道を「探す」のではなく、
どこに道を「作るのか」が大事なのではないでしょうか。

とても抽象的な話になってしまいましたが、
様々な障害、ジレンマに挑む中で、
自社にしかできないイノベーションを見いだせると信じたいものです。

FC専門コンサルタントがご相談を承ります

「フランチャイズ本部の立上げを検討している」アクアネット フランチャイズ・コンサルタント

「自社の事業がフランチャイズに出来るかを知りたい」

「フランチャイズ本部の運営がうまくいかない」

「のれん分け制度を構築したい」など、

アクアネット フランチャイズ経営研究所のフランチャイズ・コンサルタントにお気軽にお寄せください。経験豊富なフランチャイズコンサルタントがご相談を承ります。

FC無料相談に申し込む

おすすめの記事